池袋・大塚・赤羽

池袋の遊び・出会いスポット

池袋駅は埼玉を結ぶターミナル駅としてJR埼京線以外に東武東上線・西武池袋線など私鉄としても重要な役割を果たす駅でもあります。新宿・渋谷に次ぐ若者に人気の街でもあることから多くの若者が集まります。そのため駅前はナンパ目的の若者であふれていることからナンパをするなら池袋はおすすめと言えます。

池袋は出会いカフェが盛んで、毎日のように新しい女の子が出会いカフェに入会しているのでナンパを頑張るより出会いカフェにお世話になるほうが手っ取り早く素人の女の子と遊ぶことができます。出会い系アプリでの待ち合わせ場所としても池袋駅を利用する人はとても多いので、駅周辺は待ち合わせ場所としてアプリ利用者や同伴待ちのキャバ嬢などで溢れています。

池袋・大塚・赤羽の風俗

池袋には東口と西口に繁華街があり、特に西口から北口にかけては居酒屋からキャバクラ・ガールズバーなどの飲食店が多く、さらにはピンサロ・ヘルス・ソープランドがある風俗街としてもお馴染みです。西口にはホテヘルなどの激安風俗店が多いことで知られていますが、新しいジャンルの風俗店が生まれることから池袋発祥の風俗も多くあります。近年は西口・北口の繁華街は規制が厳しくなった影響から以前のような活気は薄れてきてしまっていますが、それでも池袋は都内を代表する歓楽街・風俗街であることには間違いありません。

池袋のお隣「大塚駅」もピンサロ風俗では都内でも有数の店舗数を誇るピンサロ風俗街です。質よりも安さを売りにしているピンサロ店が多いので、3,000円~で遊べるお店がたくさんありますが、地雷を踏んでしまう可能性はかなり高いので割り切って遊ぶ必要があります。とりあえず手っ取り早くピンサロで抜きたいと思っている人におすすめと言えます。大塚駅のさらにお隣「巣鴨駅」にもピンサロが多く老舗店もたくさんあります。

埼玉県との県境にある「赤羽駅」も規模は小さいですが、ピンサロが多い風俗街です。こちらは大塚駅とは違い値段は5,000円~と安くはありませんが、若い娘やカワイイ娘が多いので地雷を踏みたくなければ赤羽のピンサロがおすすめです。赤羽は西川口から近いことから今でも本サロがあることで一部の風俗ファンの間では有名です。